衛星リモートセンシング画像データの入手(ダウンロード)方法紹介サイトです

データ入手

 リモートセンシングを体験したり、利用するには、データとソフトウェアが必要です。
 最近は、衛星データとそれを解析することができるソフトウェアの双方が無料で入手できるようになりました。
 ここでは、無料で地球観測衛星データを入手することができるサイト、ならびに衛星データを有料で注文するサイトを紹介します。

ALOSサンプル(無料)

 (財)リモートセンシング技術センター(RESTEC)では、ALOS画像データを販売しています。ALOSデータを注文するにあたり、ALOSの各センサのデータをサンプルとして公開しています。ここでは、ALOSサンプルデータの入手(ダウンロード)サイトを紹介します。

GLCF(ESDI)(無料)

 GLCF(Global Land Cover Facility)では、衛星データを無料で公開しています。
 このサイトでは、GLCFからLANDSAT ETM+データを例に衛星画像データの入手(ダウンロード)方法について紹介します。

USGS(無料)

 USGSでは、衛星データを無料で公開しています。
 このサイトでは、USGSからLandsatデータを例に衛星画像データの入手(ダウンロード)方法について紹介します。

GEO Grid(無料)

 産業技術総合研究所のGEO Gridプロジェクトでは、Landsat8衛星のデータを無料で即時公開しています。また、ASTERデータも無料で公開しています。
 このサイトでは、GEO GridからLandsat衛星画像データならびにASTERデータの入手(ダウンロード)方法について紹介します。

衛星データ購入(有料)

 地球観測衛星データは、(財)リモートセンシング技術センター(RESTEC)が運営している地球観測衛星画像オンライン検索&注文システム(CROSS)を使って購入することができます。CROSSサイトはここをクリックしてください。